×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの保険ガイド



制震構造とは?

制震構造とは?

制震構造というのは、主に超高層建築物において、地震や風などによる建物の揺れそのものを抑えるために用いられる構造のことをいいます。

制震構造のタイプは?

制震構造には、次の2つの方式に大別されます。

受動的制震
⇒ 釣り鐘状の制震装置等の慣性力で、振動エネルギーを吸収する方式です。

能動的制震
⇒ タイムリーに感知した揺れの抑止力を計算し、外部動力で揺れを制御する方式です。

関連トピック
新住宅市街地開発事業とは?

新住宅市街地開発事業というのは、人口集中の著しい市街地の周辺で、良好な住宅市街地を開発するために行われる次のような事業のことをいいます。

■宅地の造成
■造成された宅地の処分
■宅地とあわせて整備されるべき公共施設の整備に関する事業
■上記に付帯する事業

なお、具体的な新住宅市街地開発事業の事業地としては、次のようなものがあります。

■千葉ニュータウン
■多摩ニュータウン...など


新住宅市街地開発事業とは?
森林法とは?
水平投影面積の算出方法は?
筋かいとは?
スラブとは?
新住宅市街地開発事業の施行方式は?
水平投影面積とは?
すがもれとは?
ストラクチャードファイナンスとは?
制震構造とは?
底地
双方代理
養子の子の代襲相続
立会人
段階金利
底付き
第三セクター
撓み(たわみ)
つなぎ融資
断定的判断の提供
一括表示
役員と連帯保証人
利息制限法と出資法
破産債権

Copyright (C) 2011 マイホームの保険ガイド All Rights Reserved