×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの保険ガイド



水平投影面積とは?

水平投影面積とは?

水平投影面積というのは、土地や建物を真上から見たときの面積のことをいいます。

ちなみに、水平投影面積は、土地や建物に凸凹や斜面の部分があったとしても、その土地や建物が水平だったとして測った面積になります。

具体的には?

具体的には、次のようなものが、水平投影面積によっています。

■建築基準法の敷地面積、建物面積、床面積
■不動産登記法の地積、建物の床面積

関連トピック
水平投影面積の算出方法は?

建築基準法の敷地面積や床面積は、壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積によって算出します。

また、不動産登記法の建物の床面積も、各階ごとに、壁その他の区画の中心線で囲まれた部分(壁芯)の水平投影面積により算出します。

なお、一棟の建物を区分した建物の床面積については、壁その他の区画の内側線で囲まれた部分(内法)の水平投影面積で算出されます。


新住宅市街地開発事業とは?
森林法とは?
水平投影面積の算出方法は?
筋かいとは?
スラブとは?
新住宅市街地開発事業の施行方式は?
水平投影面積とは?
すがもれとは?
ストラクチャードファイナンスとは?
制震構造とは?
専任媒介契約の義務
区域区分を定める
損害賠償額の予定等の制限
ダイナミックDCF
宅地建物取引業協会と連合会
占有補助者
相隣関係
宅地造成等規制法
タックス・ヘイブン
宅建システムのデータベース
IT書面一括法
取立て
公正証書
強制執行

Copyright (C) 2011 マイホームの保険ガイド All Rights Reserved