×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの保険ガイド



家財の保険と美術品

家財の保険と美術品について

火災保険に加入をする場合には、建物だけでなく家財についても保険をつけておいた方が望ましいです。

通常は、保険の目的を「建物」と「家財」としておけば、特別な場合以外は、保険の目的になっている建物の中に収容してある家財については担保されることになります。

しかしながら、美術品や書画、骨董品、設計書などのように、そのものに特別の付加価値がついているものの場合には、保険証券に明記しないと担保されませんので注意してください。

保険の目的にするのに保険証券の明記が必要な物品は?

次の物品を保険の目的にする場合には保険証券に明記が必要になります。

■切手、有価証券、印紙、通貨など※

■稿本、設計書、図案、証書、帳簿など

■1個または1組の価額が30万円を超える貴金属、宝石、書画、骨董、彫刻品その他の美術品

※切手、有価証券、印紙、通貨などは担保されないものや担保されても限度額が決っている場合など制限があることが多いので、加入時にしっかり確認をすることが重要です。


保険の種類は?
保険の再調達価格とは?
共済の保険は?
JAの建物更正共済は?
家財の保険は?
保険の選び方は?
保険の時価とは?
全労災の保険は?
特約保険とは?
家財の保険と美術品
住宅ローンの相談に必要な書類は?
団体信用生命保険への加入は?
元利均等返済の仕組みは?
ボーナス返済は危険?
担保評価とは?
頭金の貯め方は?
預金連動型ローンとは?
フラット35(保証型)とは?
収入条件の収入とは?
投資用マンションの利回りは?
貸金業者・登録標識・貸付条件
ジャンプ
新規申込み・借りられる割合
商品名・分割払手数料・立替払契約書・申込書


Copyright (C) 2011 マイホームの保険ガイド All Rights Reserved