×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの保険ガイド



火災保険の再調達価格とは?

火災保険の再調達価格について

火災保険の再調達価格というのは、簡単にいいますと、同等のマイホームを新たに新築・購入した場合に必要な資金額のことです。

火災保険の再調達価格の設定の仕方は?

保険金額を価格協定保険特約をつけて、再調達価格で設定してください。このようにすれば、火災が起きたときに修理費用や買い直し、建て直しに必要な費用を全額保険で賄うことができます。

なお、このとき保険金額を時価で設定してしまうと、建物から時間が経過した消耗分が差し引かれてしまいますので注意してください。

ちなみに、再調達価格3,000万円のマイホームに3,500万円の保険金額で契約した場合には、それが全焼したとしても、500万円部分は超過保険ですので、損害額の3,000万円までしか保険金は受け取れません。

万が一の際に困らないよう、自分のマイホームの価値に見合った保険に加入しているのかどうか、定期的に見直しをするようにしましょう。

関連トピック
保険の種類は?
保険の再調達価格とは?
共済の保険は?
JAの建物更正共済は?
家財の保険は?
保険の選び方は?
保険の時価とは?
全労災の保険は?
特約保険とは?
家財の保険と美術品
親から借金するときの注意点は?
安定した返済計画と金利動向
金利の優遇幅とは?
繰上返済に有利なローンの条件は?
フラット35の収入合算は?
フラット35の収入合算とは?
利用者の多い金利タイプと期間は?
フラット35(買取型)の融資期間などの要件は?
銀行の収入基準は?
カードローンの残高がなくても審査に落ちる?
貸金の送金・現金書留
与信
無担保無保証
友人・プレゼント商品・クレジット利用


Copyright (C) 2011 マイホームの保険ガイド All Rights Reserved