×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの保険ガイド



家財の火災保険は?

家財の火災保険について

通常、住宅ローンを借りる際には、火災保険の保険証書を質権に入れなければならないので、建物については火災保険に加入しています。

建物について再調達価格で火災保険に入っていれば、保険金で同等の建物を建てることができるのですが、住宅ローンを借りている場合には、ローンを保険金で完済し、そのうえで再度マイホームを建て直すことになります。

ですから、もし家財について保険に加入していない場合には、生活に必要な家財についてすべて実費で賄わなければならなくなってしまいます。

多少費用はかかりますが、家財についても補償をつけておきたいものです。

家財について保険をつけておくと、火災だけではなく、例えば、次のような場合にも損害が補償されます。

■旅行中のビデオカメラの損壊
■ピッキングによりカードの盗難にあい口座から現金を引き出された場合
■子供の自宅でのいたずらによる花瓶の破損
■雪やひょうによる窓ガラスの破損
■落雷によるパソコンのショート

なお、世帯主が40歳の夫婦と子供1人の3人家族の場合ですと、標準保険金額は1,200万円〜1,300万円ほどになります。

加入に際しては、個々の事情や明記物件などを考慮して必要な補償を確保するようにしてください。














保険の種類は?
保険の再調達価格とは?
共済の保険は?
JAの建物更正共済は?
家財の保険は?
保険の選び方は?
保険の時価とは?
全労災の保険は?
特約保険とは?
家財の保険と美術品
本人確認書類・収入証明とは?
保証料の有無は?
財形住宅融資の金利は?
返済方法の種類は?
自営業者とサラリーマンの融資審査の違いは?
住宅ローンはいつ借りるのが理想?
変動金利選択の注意点は?
住宅ローン契約時の必要書類は?
収入合算していて離婚した場合は?
住宅ローンを組んでいる住宅を店舗に変更できる?
貸金業者登録簿・登録されていない電話番号・チラシ掲載
消費者金融・支払いができない場合
1日遅れ・全額一括返済
契約書のない・立替払契約

Copyright (C) 2011 マイホームの保険ガイド All Rights Reserved