×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの保険ガイド



資産流動化型とは?

資産流動化型とは?

資産流動化型というのは、資産運用型とともに、不動産証券化を目的に応じて類型化したものです。

資産流動化型不動産証券化とは?

資産流動化型不動産証券化というのは、不動産を保有する企業等が、SPC(特定目的会社)等のビークルに不動産を譲渡し、そのビークルが投資家に証券を発行して、資金調達することを目的として仕組みが構築されます。

ちなみに、資産流動化型不動産証券化は、特定の不動産を証券化することを目的としているので、原則として、不動産の入れ替えはできません。

なお、対応する法律には、「資産の流動化に関する法律」などがあります。

関連トピック
資産運用型とは?

資産運用型というのは、資産流動化型とともに、不動産証券化を目的に応じて類型化したものです。

資産運用型不動産証券化とは?

資産運用型不動産証券化というのは、多数の投資家から資金を集め、それを一括して合同運用するファンドを組成し、投資の専門家が専門的判断のもとに、不動産に投資・運用して、その利益を分配することを目的として仕組みが構築されます。

ちなみに、資産運用型不動産証券化は、複数の不動産を対象にし、また不動産の入れ替えもできます。

なお、対応する法律には、「投資信託及び投資法人に関する法律」などがあります。


事業用借地権とは?
軸組みとは?
資産担保金融とは?
資産担保証券と社債発行との違いは?
資産流動化型とは?
事業用借地権を利用するには?
自己契約とは?
資産担保証券とは?
資産保管会社とは?
資産運用型とは?
IR
給料の全額差押え
契約書は2通作成
非免責債権
司法書士
従前地
住宅宅地債券
返済に困った時の新特例
準不燃材料
地面師・家屋師
借地借家法
住宅品質確保法の住宅性能評価
準難燃材料
消費者契約法

Copyright (C) 2011 マイホームの保険ガイド All Rights Reserved