×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの保険ガイド



資産保管会社とは?

資産保管会社とは?

資産保管会社というのは、投信法で定める投資法人の資産の保管に係る業務を行う会社のことです。

資産保管会社は、自己の固有資産と分別して投資法人の資産を保管品ければならないことになっています。

資産保管会社になれるのは?

資産保管会社になり得るのは、次のようなものです。

■信託会社
■証券会社
⇒ 有価証券等の保管に限ります。
■投資法人の資産保管に係る業務の委託先として適当なものとして、内閣府令で定める法人...など

なお、不動産を特定資産とする投資法人の場合は、資産保管会社は不動産の権利証の保管等を行います。

関連トピック
資産流動化型とは?

資産流動化型というのは、資産運用型とともに、不動産証券化を目的に応じて類型化したものです。

資産流動化型不動産証券化とは?

資産流動化型不動産証券化というのは、不動産を保有する企業等が、SPC(特定目的会社)等のビークルに不動産を譲渡し、そのビークルが投資家に証券を発行して、資金調達することを目的として仕組みが構築されます。

ちなみに、資産流動化型不動産証券化は、特定の不動産を証券化することを目的としているので、原則として、不動産の入れ替えはできません。

なお、対応する法律には、「資産の流動化に関する法律」などがあります。


事業用借地権とは?
軸組みとは?
資産担保金融とは?
資産担保証券と社債発行との違いは?
資産流動化型とは?
事業用借地権を利用するには?
自己契約とは?
資産担保証券とは?
資産保管会社とは?
資産運用型とは?
ISO
訴訟と民事再生手続
借用書の訂正
任意整理
私道負担の説明義務
住居表示
住宅所得補償保険
ローンの返済が困難
準都市計画区域に指定
私募ファンド
定期借地権等の借地契約の存続期間
住宅品質確保法
準耐火性能に関する技術的基準
使用貸借と賃貸借

Copyright (C) 2011 マイホームの保険ガイド All Rights Reserved