×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの保険ガイド



マンションの地震保険は?

マンションの地震保険について

マンションの地震保険というのは、建物の共用部分の火災保険が個別付保なのか一括付保なのかによって、保険金額の設定方法が異なります。

個別付保の場合は?

個別付保というのは、建物の火災保険が専有部分と共用部分について個別に設定されている場合です。

この場合には、地震保険についても専有部分と共用部分の持分について個別に設定することになります。

また、地震保険の保険金額は次のように算定されます。

■専有部分の火災保険の保険金額×30〜50%
■共用部分の共有持分割合に対する火災保険金額×30〜50%

一括付保の場合は?

一括付保というのは、火災保険の共用部分について一括付保で加入している場合のことです。

この場合には、火災保険については管理組合による一括契約になりますが、地震保険については各区分所有者による個別契約になります。

また、各区分所有者の地震保険の保険金額は次のように算定されます。

⇒ 火災保険金額×共有持分割合×30〜50%

しかしながら、地震保険の上限額は5,000万円となっていますので、上記の計算でそれ以上の金額が算定された場合でも5,000万円ということになります。

ちなみに、他の保険会社で地震保険に加入している場合には、合計で5,000万円が限度になりますので注意してください。

なお、各区分所有者の共有持分について地震保険への不加入を選択したい場合には、管理組合の確認印を捺印すればできます。


地震保険とは?
地震保険と全損・半損・一部損
マンションの地震保険は?
地震保険と災害時の全額補償
団体信用生命保険の加入条件は?
地震保険の割引とは?
地震保険の再保険とは?
地震保険の保険料は?
耐震構造・免震構造・制震構造
団体信用生命保険への夫婦での加入は?
事業者・個人データ・修正
免責不許可事由
貸金業協会・加盟していない業者
訪問販売
固定金利型と変動金利型
固定資産税の納め方
住宅ローン控除の確定申告
まとまった資金がない
友の会
提携ローン・直接ローンの利用方法
固定資産税の納め方
賃貸と持家の相違
物件の申し込みと重要事項の説明
中古住宅の広告の見方

Copyright (C) 2011 マイホームの保険ガイド All Rights Reserved